会社を長続きさせるために

Google

こまめに休めるように

世界的に有名な会社として、Googleが挙げられます。
GoogleはITを使ってビジネスをする会社ですが、特に大きな収益となっているのは広告収入です。
細かく説明すると、Googleは検索サービスを提供しています。
そしてネットの閲覧者に広告を見てもらい、クリックされたらGoogleは収益を得られるという仕組みです。
このような方法でGoogleは長年経営を続けられており、それには従業員が企業を好きになることがポイント。

Googleでは、従業員が愛社精神を持てるように休みを定期的に与えています。
また残業を減らす取り組みを行うことで、従業員の身体に疲れが溜まることはありません。
よって、常に100パーセントの実力を発揮できます。

キャリアアップするチャンスがある

Googleは会社の資金を使って、スマートフォンを開発しています。
そしてそれを無料で開放することも、経営戦略の1つ。
無料ならたくさんの方がGoogleの開発したスマートフォンを使い、より多くの方が検索サイトを利用するでしょう。
それが最終的にGoogleが大きな利益を得ることに繋がります。

またGoogleでは男性も女性も平等に採用し、仕事を与えています。
キャリアアップにも、性別や年齢は関係ありません。
女性や若い方でも、たくさんのいい結果を出した場合はキャリアアップが可能です。
Googleで働く従業員たちは、自分の頑張りを認めてもらおうと一生懸命に仕事に臨んでいます。
このような工夫があり、愛社精神を育てています。


この記事をシェアする